法令で定める障害の状態とは

障害年金が支給される障害の状態に応じて法令により障害の程度が定められています。

(*障害者手帳の等級とは異なります)

 

障害の程度1級

 

他人の介助を受けなければ日常生活のほとんどことができない状態です。身のまわりのことはかろうじてできるものの、それ以上のことはできない、または行うことを制限されている、入院や在宅介護を必要とし活動の範囲がベッドの周辺に限られているような方です。

 

障害の程度2級

 

必ずしも他人の介助を受ける必要はなくても、日常生活が著しく困難で、労働することができないほどの状態です。家庭内の軽い活動はできても、それ以上の活動はできない、または行うことを制限されており、活動の範囲が病院内・家屋内に限られるような方です。

 

障害の程度3級

 

日常生活にはほとんど支障はないが、労働が著しい制限を受ける、または著しい制限を加えることが必要な状態です。