障害認定日とは

障害認定日とは障害の状態を定める日のことで、初診日から1年6か月を経過した日、または1年6か月以内にその病気やけがの症状が固定した日をいいます。

 

 

この障害認定日に法令で定める障害の状態にあるときは、障害認定日の翌月分から年金を受け取ることができます。(認定日請求)

 

 

 

障害認定日に法令で定める障害の状態に該当しなかった場合でも、その後病状が悪化し、法令で定める障害の状態になったときには請求日の翌月から障害年金を受け取ることができます。(事後重症請求)