障害年金とは

障害年金は、病気やけが原因で、日常生活や仕事が制限されるようになった場合に

受け取ることができる公的年金です。

 

障害年金には「障害基礎年金」「障害厚生年金」の2種類があり、ほとんどの

傷病が対象となります。

 

病気やけがで初めて医師または歯科医師の診療を受けたときに国民年金に加入して

いた場合は「障害基礎年金」、厚生年金に加入していた場合は「障害厚生年金」

を請求できます。

 

障害年金を受け取るためには3つの要件を満たす必要があります。

 

障害年金3つの要件とは?