障害年金の対象となる傷病は?

障害年金は、手足の障害などの外部障害のほか、精神障害、癌、糖尿病などの内部障害も対象です。

 

ほとんどの傷病が対象となりますが病名で受給の可否が決まっているわけではありません

 

その障害の原因となった病気やけがにより、日常生活や労働が制限されるようになった場合に請求ができます。

 

 

*外部障害(目、聴覚、肢体の障害 など)

*精神障害(統合失調症、うつ病、認知障害、てんかん、知的障害、発達障害 など)

*内部障害(呼吸器疾患、心疾患、腎疾患、肝疾患、血液、造血器疾患、糖尿病、癌など)